眼科・糖尿病内科
岡田クリニック眼科・緑内障・糖尿病
兵庫県神戸市中央区布引町3丁目1-7
TEL: 078-231-7100
土曜・日曜・祝日も診療

院長ブログ


コロナ後遺症に水素吸入が効きます      R5.1.21

水素吸入治療行っていますが、コロナ後遺症に効果があることは、ロシアでも日本製のsuisoniaでの論文が出ています。

当院でも、コロナ後遺症の中学生の方の治療を東京のヒラハタクリニックと共同で行いました。オンラインでヒラハタクリニック受診

していただき、当院にて水素吸入行いました。去年8月に、2~3日に1回20分来られ、8カ月くらい治療に来られ、登校できない状態から、週2~3日の通学、そして毎日の登校まで回復しています。

水素には、抗炎症作用悪玉活性酸素除去ミトコンドリア機能改善などの働きがありますが、吸入で肺に直接作用して効果が上がったと思われます。

吸入水素量が大切で、当院では、水素2400ml/分、酸素1200ml/分のMAGA2400を使用し20分以上としています。

20分で水素48ℓと酸素24ℓ吸入したことになります。少ない吸入量では効果は少ないです。

こちらもご覧ください。https://www.atpress.ne.jp/news/309003


        水素吸入による眼科治療について     R5.1.25


愛知県名古屋市の セントラルアイクリニック

熊本県宇土市の 村上眼科クリニック

で特に成果がみられているようです。


セントラルアイクリニック

水素吸入は、カニューラとゴーグルを併用し、スーパーライザーも併用し、

正常眼圧緑内障、黄斑浮腫、加齢黄斑変性症、網膜色素変性症、脳神経麻痺、眼精疲労、ドライアイ、テクノストレス眼症、花粉症、飛蚊症、アイルレイル、高眼圧症

に、標準治療に加えることで、効果があると報告しています。

https://ameblo.jp/cec049/


村上眼科クリニック

水素吸入とスーパーライザーの併用で、標準治療に加えることで(水素ガス温熱眼科療法)、正常眼圧緑内障に効果があるとしています。

また、加齢黄斑変性症、糖尿病性網膜症、白内障にも効果のある可能性があるとしています。

https://www.murakami-ganka.com/05_news/202112/202112_suiso.pdf

書籍『緑内障防ぎ抑える最強療養法』創流出版


当院でも、眼科疾患に対する水素吸入治療を始めています。後日報告予定とさせていただきます。当院でもスーパーライザーとの併用も可能です。

ドライアイ・眼精疲労については、従来から一般のクリニックでも効果が出ているようです。

網膜色素変性症は、治療法がありません。他の疾患も、標準的な治療では十分に治療できない場合にも有効ととなる場合があると思われます。網膜細胞はミトコンドリアが豊富で、悪玉活性酸素の関与もいわれていますので、期待したいです。血流増加作用もいわれています。


     突発性難聴に対する水素吸入療法    R5.2.1


愛媛大学医学部 耳鼻咽喉科・頭頚部外科との共同研究成果が学術誌 Frontiers in Neuroscience (IF 4.5)に掲載されました。2022年11月24日

和文タイトル「突発性難聴に対する水素吸入療法の二重盲検ランダム化比較臨床試験」

結果:2重盲検試験で重症度が高い突発性難聴が水素ガスの吸入により治癒率が20%(プラセボ)から60%に向上した。

 本臨床試験は、ヒト突発性難聴の治療に対する水素吸入療法の有効性を調査する最初の研究である。この臨床試験の結果は、

水素吸入療法が 重症度の高い突発性難聴の治療に有効である可能性を示唆している。

URL : https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnins.2022.1024634/full

以上は上Miz株式会社HPより転載しました。


この研究は、2019年6月~2022年3月に愛媛大学耳鼻咽喉科の 岡田昌浩 特任講師先生が中心となり、愛媛大学耳鼻咽喉科と5つの関連病院(愛媛県立中央病院・愛媛県立新居浜病院・宇和島市立病院・松山市立鷹の子病院・松山赤十字病院の各耳鼻咽喉科)で、発症から3.7~7.4日の82名、平均年齢60.5歳の同意のもとに開始されました。最終的ににはH2群31名と対照群34名となりました。

2重盲検という方法で、H2吸入器と、空気を出す偽の吸入器を用いて、患者も担当医もどちらを使用しているかを知らされずに行うものです。用いた水素吸入器は、

Miz株式会社のMHG-2000αで、3.0%の水素を2000ml/分(実質H2 60ml/分)1時間を1日2回(1日2hr)、6日間吸入しています。

3か月後の結果ですが、聴力予後良好率は、軽度難聴者では、H2群60.0%、対照群58.3%、重度難聴者では、H2群66.7%、対照群59.1%と差はありませんでしたが、

完全回復率は、軽度難聴者では、H2群60.0%、対照群58.3%と差はありませんでしたが、重度難聴者では、H2群52.4%、対照群18.2%と大きい差がみられました。H2を吸うと、重度難聴者でも完全回復する率が高いということです。

著者は、一過性蝸牛虚血は、ATP供給の枯渇、グルタミン酸興奮毒性、および悪玉活性酸素の生成による細胞損傷を介して内有毛細胞の損失を引き起こすことに、H2が作用しているのではないか と述べています。

糖尿病、高血圧、高脂血症ごとのサブ解析では、糖尿病の難聴者にH2がとくに有効ということがわかりました。これは、以前からH2は、ミトコンドリア悪玉活性酸素の除去やミトコンドリア活性化で糖尿病に有効といわれていることに関係してると思われました(個人的意見)。

2重盲検で、ある程度の人数でされていて、この研究はすばらしと思いました。水素の他の疾患の分析でもここまでできているのは、見かけませんでした。もしあったらお教えください。耳鼻科は、専門外ですのでもし誤りがあればお教えください。

ところで、眼科でも網膜中心動脈閉塞症(RAO)という病気があり、突発性難聴と同じく治療法が少なく、高気圧酸素療法30日が保険適応となっている病気がありますが、これ(RAO)に対するH2の有効性が示されるとよいのではと思いました(個人的希望)。



ここに文章を入力してください

初診受付・再診受付サービス

初診受付サービス
再診受付サービス

岡田クリニック眼科・緑内障・糖尿病のご案内

JR神戸線 三ノ宮駅 中央口より徒歩約3分

JR神戸線 三ノ宮駅
中央口より徒歩約3分

医院名医療法人社団
岡田クリニック眼科・緑内障・糖尿病
代表者名岡田 芳春
住 所〒651-0097
兵庫県神戸市中央区布引町3丁目1-7
電話番号078-231-7100
診療科目眼科・糖尿病内科