眼科・糖尿病内科
岡田クリニック眼科・緑内障・糖尿病
兵庫県神戸市中央区布引町3丁目1-7
TEL: 078-231-7100
土曜・日曜・祝日も診療

眼科診療

緑内障診療

平成16年に行われた多治見スタディ(岐阜県多治見市疫学調査)によると、40才以上の20人に1人に緑内障があることがわかりました。このうち80%は未発見・未治療のままになっています。10代から30代の方にも少数ですが、見られています。

近年、緑内障の目薬は、どんどん開発され、多くの場合、目薬の治療ができるようになってきています。緑内障の発見に関しては、ハンフリーFDT視野計が片眼1分の早さで早期まで検出できるようになりました。

また、網膜神経層の50%が失われないとハンフリー視野計で、検出できない(チンパンジーの視野検査の実験)ことより、視野変化よりも先行する網膜の厚みをとらえる装置GDX(網膜神経層解析装置)が注目されています。

GDX(網膜神経層解析装置)

神戸市で2台しかありません。(2020年7月現在)

この機会に、検診をおすすめいたします。

  • 40才以上の20人に1人
  • 80%は未発見・未治療!!!

GDX(網膜神経層解析装置)での検査風景

視野検査(ハンフリー740)での検査風景

ハンフリーFDT視野計(カールツァイス)での検査風景

デジタル眼底カメラ(コーワ)での検査風景

デジタル眼底カメラは少ない光量で(まぶしくなく)乳頭の隔凹や視神経繊維束欠損(NFLD)を診断できます。

ご家族に緑内障がある方は起こり易く、また40歳以上の方は緑内障検診をお勧めします。


コンタクト診療

(1)綿糸検査

目の下に糸をはさんで涙の量を調べます。

(2)屈折・曲率検査

近視・乱視の度合いや角膜の曲率半径を求め、コンタクトの度数や曲率半径を考えて行きます。

(3)眼圧検査

目の堅さ(眼圧)を測定します。緑内症や高眼圧症の発見に役立ちます。音の静かなエアーの弱いタイプを採用しました。

(4)視力検査、角膜内皮細胞検査

1.2Mの距離で測定できるものを採用しています。

(5)アレルギー検査

上まぶたを反転させアレルギーの状態を調べます。

(6)角膜内皮細胞検査

角膜の細胞の検査です。長期のコンタクトレンズによる減少、生まれつきの減少、事故、ケガによるものや分娩異常によるもの、などがあります。

(7)角膜形状解析

円錘角膜、不整乱視強度の乱視の場合に行います。



眼圧異常

強度近視、網膜剥離、近視性変化、黄斑疾患疑い、緑内障疑い(近視に伴う緑内障は発見が難しいです)の場合にはFDT視野検査を行っています。さらにデジタル眼底カメラも行っています。

GPC

アレルギー性結膜炎の強いものです

従来型ソフトの人に多い

角膜びらん

以前のメダリストに多かった

コンタクトのエッジとこすれて出来るようです。

角膜血管新生

これで即O2不足→ハードに変えなさいという眼科医がいますが、大間違い!

慢性的なアレルギーによるものもあるようです。

角膜血管新生の90%が内皮正常でした。


眼精疲労診療

スーパーライザー導入しました。

スーパーライザーとは、直線偏光近赤外線を用いて頚の星状神経節をブロックし、交感神経の緊張をとる装置です。赤い光を頚に当てるだけで、少し温かいだけで痛くはありません。

整形外科やペインクリニックでもよく使われています。

眼科領域では眼の血流を増やすことにより、眼精疲労(疲れ目)、緑内障、アレルギー性結膜炎、ドライアイ、網膜血管閉塞症、網膜色素変性症、糖尿病性網膜症、視神経炎、黄斑変性症、中心性網脈絡膜炎、飛蚊症、眼筋麻痺、仮性近視、角膜潰瘍などに効果があるといわれています。

神戸市の眼科では、2台しかありません。(2020年7月現在)

星状神経筋近傍照射療法(スーパーライザー)

皆星状神経節照射は片側一ヵ所につき6分間です。左右で12分間です。

痛みや副作用の心配がない安全な治療法です。

週1~2回で、5~10回目ぐらいから効果が出てくるようです。

一度試してみてはどうでしょうか?

眼精疲労(疲れ目)に効果があり、緑内障の補助的治療にもなります。

スーパーライザーは次のような疾患に有効とされています。

  • 眼疾患
    網膜血管閉鎖症、網膜色素変性症、視神経炎、角膜潰瘍、緑内障、アレルギー性結膜炎、飛蚊症、眼精疲労

  • 耳鼻科疾患
    アレルギー性鼻炎、急性・慢性副鼻腔炎、突発性難聴、メニエール病、鼻閉症、偏桃炎、耳鳴、咽喉頭異常感症、嗅覚障害、花粉症

  • 頭部疾患
    頭部(偏頭痛、筋収縮性頭痛、群発頭痛、側頭動脈炎)、脳血管攣縮、脳血塞、脳梗塞、円形脱毛症

  • 顔面疾患
    抹消顔面神経麻痺(ベル麻痺、ハント症候群、外傷性顔面神経麻痺)、顔面痛(非定形顔面痛、咀嚼筋症候群、顎関節症)

  • 口腔疾患
    抜歯後痛、舌痛症、潰瘍性口内炎

  • 上肢疾患
    上肢血行障害(レイノー病、レイノー症候群、急性動脈閉塞症、バージャー病)、頸肩腕症候群、外傷性頸部症候群、肩関節周囲炎、術後生浮腫(乳房切断後症候群)、骨折、テニス肘、腱鞘炎、腕神経ニューロパチー、(外傷性、術後)、強皮症、関節炎、多汗症、凍傷、凍瘡、肩こり

  • 心臓疾患
    心筋梗塞、狭心症、洞性頻脈

  • 呼吸疾患
    慢性気管支炎、肺栓塞、小児喘息

  • その他
    痔核、便秘、不眠症、冷え性、自律神経失調症


医療機器

GDX(ツァイス網膜神経層解析装置)

緑内障・網膜疾患の早期発見、経過観察ができます。

視野検査(ツァイスハンフリー740)

緑内障・網膜疾患・脳外科疾患の診断、経過観察ができます。

レフ・ケラトメーター(トプコンKR8100)

近視の度合いや角膜の半径を調べます。コンタクトレンズの処方の元になります。

デジタル眼底カメラ(コーワノンミドα)

眼底写真のデジタル記録が出来ます。

画像処理で緑内障の早期発見も出来ます。

ビデオモニター付スリットランプ(SL-9Z)

トプコン社製スリットランプ3CCD池上製作所カメラファイリングしています。

眼圧計(ニデックNT4000)

眼圧(目のかたさ)をはかります。

音や風の弱い最新型(2020年7月現在)です。

スペースセイビングチャート(ニデック1.2m視力計)

1.2mの視力表です。5mと同じ検査ができます。

オートレンズメーター(HOYA)

コンタクトレンズやめがねの度数を調べます。

ラジアスゲージ(ニデックNT4000)

コンタクトレンズのカーブ(BC)を測ります。

双眼実体顕微鏡(ナイツ)

コンタクトレンズの傷や汚れを調べます。

スリットランプ(トプコンSL-2F)

コンタクトが目に合っているか調べます。

BETスクリーナー(ワック)

近斜視・斜位検査・両眼視検査ができます。

パネルD15(はんだや色覚検査器)

色盲・色弱・網膜疾患の検査ができます。

手持赤外線治療器(はんだやアンボー)

眼精疲労やマイボーム腺炎の治療ができます。

アイマッサー(ロート製薬)

あたためながらマッサージして眼精疲労の治療ができます。

スーパーライザー(東京医研)

眼精疲労を緩和します。

緑内障の補助治療になります。

ハンフリーFDP視野計(ツァイス)

緑内障や網膜疾患脳外科疾患の早期発見が出来ます。

初診受付・再診受付サービス

初診受付サービス
再診受付サービス

岡田クリニック眼科・緑内障・糖尿病のご案内

JR神戸線 三ノ宮駅 中央口より徒歩約3分

JR神戸線 三ノ宮駅
中央口より徒歩約3分

医院名医療法人社団
岡田クリニック眼科・緑内障・糖尿病
代表者名岡田 芳春
住 所〒651-0097
兵庫県神戸市中央区布引町3丁目1-7
電話番号078-231-7100
診療科目眼科・糖尿病内科